おもちゃのサブスクはこんなに便利

子供の集中力を育てよう

サブスクサービスのおもちゃの扱い方

time 2022/09/21

サブスクサービスのおもちゃの扱い方

サブスクでレンタルするおもちゃは、一時的に借りている形となるので、傷をつけたり壊さない扱い方が求められます。未就学児の子供が遊ぶ前提があるので、多少の傷は許容されますが、致命的な破損や付属品の欠品などはペナルティの対象となる可能性があります。ただ、ペナルティと言ってもサービスの利用が制限されるわけではなく、買取などによる弁償が求められる程度です。おもちゃのサブスクサービスの中には、買取が求められることもなければ弁償の必要もないサービスもあります。

サービスによって規約やユーザーの責任は異なりますから、利用を始める前にしっかりと確認して選ぶことをおすすめします。サブスクで手元に届くおもちゃは当面それで遊ぶことになるので、すぐに飽きてしまわないように遊び始めることが大切です。1つあたりのレンタル期間は2~3ヵ月くらいに設定されるケースが多いですから、1ヵ月やそれ未満の期間で飽き始めるのは望ましくないです。いきなり長時間遊ばせてしまうと、飽きがくるのも早くなるので、最初は少し焦らす感じで遊ぶ時間を制限するのがポイントです。

長く遊んで子供が飽き始めたら、他の切り口からおもちゃの魅力に気がつけるように、親がアドバイスするのが正解です。サブスクでは一度に複数のおもちゃが届くので、毎日違うもので遊ぶのも飽きさせないコツですし、組み合わせて遊ぶといった工夫も有効だといえます。サブスクサービスは幼児期から就学前まで利用する可能性がありますから、長く遊べるコツを理解することが大事です。

down

コメントする