ダンボール箱印刷は現代にマッチした広告宣伝媒体

ダンボール箱

ダンボール箱印刷は現代にマッチした広告宣伝媒体

運搬や梱包に何気なく使用しているダンボール箱ですが、あまり知られていない機能や加工が施されています。ひとつは耐水や撥水性で、特殊加工が表面に施されており水産加工物を運搬するときに使用されます。ダンボール箱は水に浸ると分解される性質がありますが、劣化しないよう工夫されているため用途が広がります。みかんやりんごなど果実を梱包するときも同様です。

金属製の針で閉じるのが一般的ですが、徐々に針を使用しなくてもよいタイプに転換されています。針の混入や後処理を考慮した結果で針を使わずに封かんできる形状です。この他にも店舗で商品の陳列台として使用されています。商品名を印刷しカラフルにすることで宣伝媒体としての役目を果たします。

従来は金属製やプラスチック製品が一般的でしたが、求めやすい価格で作れ、PR効果があり、使用後の処分が簡単なことから普及しています。印刷したダンボール箱は地球環境に優しい営業マンダンボール箱は使用後はほとんどがリサイクルされるので環境に優しいです。新しい製品の大部分は古紙が原材料のため効率的で無駄がなく、古紙以外の材料は計画的に植林された木材チップを利用することから地球温暖化防止にも役立っているといえます。また板紙に直接印刷したり、印刷した紙を貼り付けることで特徴のないダンボール箱を美しく見せることができます。

方法もさまざまなので中身に合わせて美装すれば高級感や特別感を演出でき販売促進に役立ちます。ロゴやQRコード、バーコードを印刷すれば企業情報や内容物の情報発信、情報管理に役立ち、荷物を受け取る人に安心を提供することに繋がります。さまざまな情報を印刷したり美装するのは費用がかかりますが、営業活動する営業マンだと考えれば決して高くはないはずです。

コメント