付き合いの長いダンボール箱の製造会社に印刷を依頼

ダンボール箱

付き合いの長いダンボール箱の製造会社に印刷を依頼

物流の会社などで、日々ダンボール箱を使っているところでは、ダンボール箱の入荷も日常の光景となります。ダンボール製造の会社から当たり前の様にダンボール置き場へ持って来てくれる流れが出来ていて、サイズに名前を付けたりして、通称で名前が付いていたりするでしょう。そこまで慣れた状態になって、いつも同じダンボール箱数種類を使っているなら、もう印刷してもらった方がいいかもしれません。ダンボール箱への印刷はそれほど難しい事ではなく、あまりデザインにこだわらなければ簡単に入れてもらえます。通常の茶色のものなら黒やオレンジ色が相性がいいですが、そこはどんな色があるか製造会社に聞いてみましょう。ダンボール箱に名前が印刷してあればミスも減るそもそも長く同じダンボール箱を使っていれば、社内でも通称が出来ているはずです。しかし新しく入った人などはそれを覚え直すところからで、無地のものだとさすがに初めはミスしてしまいます。そこで、名前を書いておけばいいとばかりに印刷してしまえば、そのミスも防ぐ事が出来るのです。これは、頻繁にサイズが変わる業種だったり、そもそも印刷してはいけない場合は使えない手法です。ただ、そんなことはないのに特に何もしていない会社が多いのも事実で、少しでも作業の利便性を上げ、ミスを減らすために出来る事はしておくという考え方と言えます。付き合いが長い場合は格安で請け負ってくれる場合もあるので、とりあえず相談してみるといいでしょう。

ダンボール箱の購入のことならこちら

コメント